緊急避妊ピル(アフターピル)は、避妊せずに性交渉をした時、避妊に失敗した時(コンドームが破れてしまった、外れてしまった)、性被害にあってしまった時など、72時間以内に内服することで、妊娠を阻止することができます。妊娠を阻止できる確率は100%ではありませんが、早く内服すればするほど、高い確率で阻止できます。

阻止率は、性交渉後24時間に内服した場合95%、25-48時間で85%、49-72時間で58%です。処方するお薬は、ノルレボ錠1.5㎎、又はレボノルゲストレル錠1.5㎎です(下図のLNG群に相当します)。

当院では、できるだけ早く内服していただくために、インターネットでも予約をお取りいただくことにしました。

もし予約枠が空いていない場合には、お電話でご相談ください。医師より説明をさせていただき、院内で速やかに内服していただくことができます。

また、次の生理が来たことが確認できましたら、継続的に避妊のための低用量ピル開始することができます。来院時にご相談ください。費用につきましては、料金表をご覧ください(お薬代+自費初診料が必要になります)。

緊急避妊法の適正使用に関する指針 平成28年改訂版 日本産科婦人科学会 より引用

くすの木 レディースクリニック

東京都足立区千住3-1 藤田ビル2階

​ 2020 ©️kusunoki Ladies Clinic